女性 感染 痒み

20代前半では、性交経験のある人の5~10人に1人は性器クラミジア感染症


性器クラミジア感染症は10代~20代前半の女性を中心に最近増えてきている性感染症であり、女性の性感染症の中では、HPV感染を除くと最も多くなっています。
また、20代前半では、性交経験のある人の5~10人に1人は感染していると予測されている感染症です。

性器クラミジア感染症は、症状がほとんど出ないために、妊婦健診で検査をしてみて初めて感染に気づくというケースも少なくありません。

また、性器クラミジア感染症によって引き起こされる卵管炎は、不妊症の原因となるため、若い頃の感染が将来弊害をもたらすという可能性もあります。
さらに、クラミジアに感染していると、HIVへの感染率が3~5倍に増えると言われています。


クラミジア検査の方法は、尿やおりものの検査が中心となっています。


性器クラミジア感染症の検査は、クリニックや診療所など医療機関で行うのが基本となっており、その検査の方法は、尿やおりものの検査が中心となっています。
また、それ以外には血液検査などがあります。


その検査方法はとても単純で血液検査であれば血液を採取して検査をします。


そして、尿検査は尿を採取、おりもの検査であればおりものを採取し検査するのが基本となります。
喉の検査の場合は、喉の粘膜を綿棒などで採取したうえで、検査を行うようになります。


検査方法にもよりますが、検査結果が出るまでは3~10日程度かかり、検査したその日に結果が出るということはないので、検査を受けた後は気長に結果が出るのを待つようになります。


また、性器及び咽頭に感染するクラミジアは様々な検査によって検出することができます。そ


のため、複数の検査を組み合わせて行う事も有効ですが、これらの検査方法は医療機関に足を運び、受診する必要があります。
その上、検査を行う場所が場所ですから検査に対して抵抗感を感じる方も多くなっています。


そのため、現在ではクラミジアなどの検査を自宅で行えるような検査キットも販売されています。
郵送で検査ができる性病検査キットなら、わざわざ病院に行かなくても、時間や場所を問わず、気になった時にすぐに検査が行うことができます。


もちろん検査精度も非常に高いものとなっており、病院と同じレベルの検査が行えますので、安心です。
性病検査キットにはそれぞれ特徴があり、検査できる性病の種類や価格がキットによって異なりますので、性病検査キットの比較一覧から、自分に合った性病検査キットを選ぶようにしましょう。

性器クラミジア感染症の場合は、治療薬を一度服用するだけで治療出来てしまいます。


性病の中には、根気よく治療を続けなければならないタイプの病気もありますし、中には外科手術などを行って治療する性病もありますが、性器クラミジア感染症の場合は、治療薬を一度服用するだけで治療出来てしまいます。
その治療薬として、現在多くの方に利用されているのがアジーとレボフロックスです。


アジーはクラミジア治療薬であるジスロマック錠のジェネリック医薬品です。1日1回500mgを3日間に分けて服用する事で、クラミジアを治療することが出来ます。
ジェネリック医薬品であることから、そのままジスロマック錠を利用するよりも安く治療出来るようになっているので、治療にかかる費用を抑えることができるというメリットもあります。


もう一方の、レボフロックスはクラビット錠のジェネリック医薬品となっており、こちらも、アジーと同様に1日1回500mgを服用する事で、性器クラミジア感染症を治療することが出来ます。
また、現在ではアジーの有効成分であるアジスロマイシンに耐性を持つクラミジアが増加傾向にあるとされています。


そのため、レボフロックスを利用して治療を行う方が、より確実な治療であるとされています。
このように治療薬を服用し、その後、再検査して結果が陰性になっていれば問題はありません。


ただ、パートナーと一緒に治療をしておかないと、再感染する危険性があります。


そのため、お互いに完治するまでの間は、性行為は控えるようにしましょう。


また、他の炎症が起こっている場合においては、炎症を抑えるなどの治療が別途必要になります。



性器クラミジア感染症は、自覚症状が非常に乏しいことから、早期発見・早期治療のためには定期的に検査を受けることが重要です。
そのため、前述の性病検査キット等を利用するようにし、予防のための定期的な検査を受けるようにしましょう。


ただし、性器クラミジア感染症は早期治療が重要となるため、明らかに自覚症状がある人は、迷わず早急に医療機関を受診するようにしましょう。

検査するならGME医学検査研究所

感染症を郵送で手軽に検査。
送料・代引き手数料無料。


という、業界随一のサービスを誇るのがGME医学検査研究所の性病検査キット。

365日、いつでも迅速に高性能の検査を「自宅」で出来てしまうのです。

しかも、登録衛生検査所 が運営し、万が一の協力医療機関のサポート体制もバッチリなのでとっても安心ですね。

とりあえず、迷ったらGME医学検査研究所の検査キットを選んでおけば間違いないでしょう。





郵送でできる検査

関連記事

ピックアップ記事

  1. 女性 感染 痒み
    自分が感染源である自覚がないまま、ウイルスを蔓延させてしまう性器ヘルペス 性器ヘルペスは、性器…
  2. 感染率 エイズ AIDS
    性感染症(STD)の中でもっとも感染する頻度が高いクラミジア 性器クラミジア感染症は、クラミジ…
  3. 女性 感染 痒み
    20代前半では、性交経験のある人の5~10人に1人は性器クラミジア感染症 性器クラミジア感染症…
  4. 毛じらみ 治療
    ケジラミとも呼ばれる陰部のシラミは陰部に寄生するとても小さな昆虫です。 人間の体に寄生するシラ…
  5. 性器 性感染症
    梅毒の徴候や症状は、4段階でそれぞれ異なります。 梅毒とは、スピロヘータの一種である梅毒トレポ…
にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
ページ上部へ戻る