性感染症 淋病 風俗

腟トリコモナス症の感染経路は主に性行為によります


腟トリコモナス症とは、腟トリコモナス原虫の寄生によって起こる腟炎であり、腟だけではなく、尿道、膀胱などにも感染し、尿道炎、膀胱炎、外陰炎などを合併して発症することもあります。
この腟炎は、性行為のある成熟期女性に多くなっており、お年寄りにはあまりみられないものであり、また、細菌性腟炎との合併も多いといわれています。


腟トリコモナス症の感染経路は主に性行為によりますが、それ以外に、衣類、タオル、浴槽縁などを介しての感染もあります。
また、分娩時に母体からの産道感染もみられます。

しかし、新生児感染症はごくまれとなっています。


腟トリコモナス症の病原体は?


腟トリコモナス症の病原体は、原生生物の膣トリコモナス(Trichomonas vaginalis・チツホネマクムシ)であり、基本的には尿生殖路の感染症です。
そのため、最も多い感染部位は女性の尿道および膣であり、その感染は粘膜に留まるので、組織侵入性はありません。

また、男性の場合においては、排尿によって原虫が排除されてしまうということも多くなっています。

この原虫はシストを生じず、接触によって感染するため、性交によってあたかも男性が媒介者のような役割を果たしてしまう、性行為感染症と考えられています。



しかし、前述の通り、感染には必ずしも性行為を伴うわけではなく、下着やタオル、便座あるいは風呂をまたぐ際や、出産時に母から感染するという可能性もあります。
日本では一般的に高温であるため問題ないと思われるが、共同浴場で感染するという危険性も無いとはいえません。

腟トリコモナス症の症状として、男性においては、ほとんど症状が出ません。


しかし、尿道炎の症状が出るという場合もあります。
尿道炎とは、尿道内にクラミジアや淋菌、その他の細菌などが侵入することにより発症する炎症であり、尿道に炎症がおこり、赤くなったり、痛んだり、膿が出たりします。
男性における、腟トリコモナス症の主な症状としては、尿道からの分泌物(うみ)、軽い排尿痛などが挙げられます。


尿道への感染だけの場合は、排尿により洗い流される可能性があり、また、トリコモナスに感染している男性は、前立腺や精のうに寄生していることが多く、それが原因で尿道炎や前立腺炎を起こすとされています。


前立腺炎とは、前立腺の炎症であり、尿道から侵入した細菌が前立腺にも感染し、発熱とともに前立腺が大きく腫れ、排尿困難、残尿感、頻尿、排尿時痛などの症状が出る炎症です。
前立腺炎は、急性型と慢性型に大きく分けられます。


腟トリコモナス症は、女性の場合は、腟だけではなく、子宮入口の管である子宮頸管、膀胱、尿道へも感染します。


その主な症状としては、あわ状の悪臭の強いおりものの増加、外陰部や腟の強いかゆみや痛みなどが挙げられます。
ただし、症状のない感染者が約20~50%いるとも言われています。


そのため、発症に気づかずに放置してしまう人もいますが、治療せずに放っておくと、炎症が卵管まですすみ、不妊症や早産、流産をまねいてしまう可能性もあります。
腟トリコモナス症の症状の強さには個人差があるため、判断は難しいのですが、おりものの異常や性器のかゆみを感じたら、恥ずかしがらずに、早めに婦人科で検査を受けるようにしましょう。


また、腟トリコモナス症は通常、10日ほどの潜伏期を経て、前述のような症状が現れます。


なお、続発症としてヒト免疫不全ウイルス(HIV)への感染や、未熟児の出産が増加するという指摘もあります。


明らかに腟トリコモナス症に感染している自覚症状がある場合には、なるべく早急に医療機関で診断を行うことをおすすめします。
また、パートナーの感染率も高くなっていますので、2人同時の検査や治療が必要です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 感染 女性
    この体験談は、自分がまだ幼稚園に通っている時のお話しです。 自分が幼稚園に通っている頃は、髪の…
  2. 性感染症 淋病 風俗
    キスによっても口から口・性器に感染する梅毒 梅毒は梅毒トレポネーマ(トレポネーマ・パリダム)を…
  3. 妊娠 性感染 出産
    梅毒とは、性病の中の一つで、日本では江戸時代に多くの場所で蔓延しました。 江戸時代では梅毒…
  4. 性器 性感染症
    梅毒の徴候や症状は、4段階でそれぞれ異なります。 梅毒とは、スピロヘータの一種である梅毒トレポ…
  5. 性感染症 女性
    性器カンジダ症とは、カンジダ症の一種で、カンジダが性器に感染したものです。 また、女性の膣に起…
にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
ページ上部へ戻る